AGA治療などで愛しの髪の毛GrowUp|薄毛面積大幅Down

症状の内容

今後も利用者は増加する

薄毛

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが体内で還元酵素の働きにより強化され抜け毛を促進するという脱毛症です。 この脱毛症はプロペシアという薬を飲んで改善させる事が可能です。 プロペシアとは、フィナステリドを有効成分とした薬で前立腺肥大の薬の副作用として抜け毛に効果がある事が分かった薬です。 プロペシアは還元酵素の働きを抑制する効果がある薬ですが、副作用として精力減退がよく言われるものです。 しかし、この副作用は男性ホルモンを減少させる訳ではないこの薬には理論上有り得ない副作用です。 プロペシアの利用者は増加していますが、今後も更に増加する事が確実です。 効果が非常に高い上に、副作用の心配もほとんどいらないので人気上昇は確実なのです。

プロペシア使用時の注意点

プロペシアは非常に効果が高い薬ですが、使用時には注意しなければならない点もあるのです。 プロペシアは食事の影響を受けないので、どのタイミングで服用しても良い薬です。 しかし、だからと言っていい加減に飲んでも効果が出にくくなる可能性があるのです。 成分の血中濃度を一定に保つ事が重要なので、毎日出来るだけ同じ時間に服用する事が大切です。 特に、髪は寝ている間に成長するので出来るだけ夜に飲むのが理想だと言われているのです。 また、食事に影響を受けないと言っても服用の際は水や白湯で飲む事が大切です。 お茶やジュースなどでは薬の吸収が悪くなってしまう事もあるので、水や白湯で飲む事が無難です。 あとは、何か体調に不調が起きた場合はすぐに医師に相談するという事です。