AGA治療などで愛しの髪の毛GrowUp|薄毛面積大幅Down

進行形の薄毛症状

AGAは進行型です。

薄毛

現在男性の多くが薄毛に悩んでおり、その治療を進めているという人が増加傾向にあります。 男性型脱毛症はAGAと呼ばれており、体質や遺伝といったものから社会のストレスが原因で発症する場合もあります。 AGAは進行型であり、治療を行わずに放置することで悪化してしまいます。治療を受けるには、専門知識を持っている医師がいるAGA治療を行っている皮膚科に行く必要があります。 大型の病院でも行っているかは不明であり、事前に皮膚科や総合病院に確認を行うことが大事です。 日本では様々な医療技術が用いられ、AGAの治療は日々新たな技術が開発されています。適切な治療を受けることで進行を食い止め元通りの頭皮にすることも可能です。

個人差による治療速度

増毛剤や育毛剤が一般のドラッグストアなどで扱われていますが、必ずしも効果があるとは言えません。 AGAの発症と同じく、体質などから育毛剤の効果が薄いひとも多くいます。自分に合った育毛剤を探すのはとても難しく、AGAは進行型なので適切な治療を受けずにいると悪化する可能性もあります。 そしてAGA治療においても個人差があり、同じ時期に診察を受けたとしても完治までにかかる時間は個人によって差があります。 まずはAGA治療を行っている病院での頭皮のチェックが必要となり、そこから個人に合った治療法を模索していくこととなります。 どのような薬品にも個人差が必ず存在しており、この問題は今後も医学の大きな課題となります。